LAPTURE

Someone says

[iOS] ipaをリリース用にエクスポートする方法

   

自分でビルドリリースする自己完結ではなく、
依頼者の証明書でipaをビルドして依頼者にipaだけ渡して、
依頼者のApplicationLoaderでアップロードする場合のお話です。

結構面倒ですが、手順を覚えておけば楽です。

【まずは、自分と相手のXcodeのバージョンが合致していることが前提です】

最初はXcodeで設定を確認しましょう。

screen_shot_2016-09-14_10_12_23

Xcodeで自動でコードサイニングが行われないようにチェックを外します。
依頼先からのプロビジョニングファイルをインポートして、ここで指定します。

また、アップロードでエラーになったりする場合、以下のようにBuildSettingsで設定をYESにするとエラーが出ないかもしれません。

screen_shot_2016-09-14_10_41_28

次に、アプリをクリーン→アーカイブしてビルドアーカイブを作りましょう。
アーカイブが成功すると、オーガナイザーが自動で表示されると思います。

screen_shot_2016-09-14_10_21_48

アーカイブして、アーカイブ先をFinderで表示します。

screen_shot_2016-09-14_10_25_08

ターミナルを起動して"cd "(スペース)と入力してFinderからパスをドラッグアンドドロップ。
その後Enterを押せば対象の場所になります。

ターミナルで以下のコマンドを実行。
vi exportOptions.plist

以下の内容を記入して保存します。

ターミナルで以下の内容でコマンドを実行しましょう。
[]の部分は対象のファイル、対象のフォルダに書き換えてください。
xcodebuild -exportArchive -archivePath [hogehoge.xcarchive] -exportOptionsPlist exportOptions.plist -exportPath [ipa]

以上でEXPORT SUCCEEDになれば、ipaファイルが完成です。

依頼者にipaを渡してアプリのアップロードを行ってもらいましょう。

 - iOS, iOS9, iPadアプリ, iPhoneアプリ, Swift, Xcode, Xcode8, アプリ開発, 未分類