LAPTURE

Someone says

アルツハイマーの原因物質を高感度検出する技術を開発

      2014/06/02

豊橋科学技術大学は、愛知県および国立長寿医療研究センターとの共同研究により、1滴の血液中に含まれているアルツハイマーの原因物質「アミロイドβペプチド」を高感度検出する技術を開発したと発表しました。

豊橋科学技術大学(PDF)

(独)国立長寿医療研究センターが開発したマイクロビーズと豊橋技術科学大学が開発した微小な電位の変化を検出できる半導体イメージセンサを組み合わせて、抗原抗体反応により検査を行うものです。本技術を用いることで、マーカーが特定できている病気について、1滴の血液や尿で簡単・迅速に検査が可能になります。本技術の具体例として、アルツハイマー病の原因物質とされるアミロイドβペプチドの高感度検出に成功しました。(抜粋)

201401241652

地元の大学ががんばっているようです!
早く実用化されたら良いですね!

 - 技術 , ,