LAPTURE

Someone says

[Linux] dateコマンドの使い方メモ

      2014/06/02

dateコマンドは日付や、時間を表示するコマンド。
表示だけとは云えど、いろいろな使い方ができるので覚えておきたい。
dateコマンドの基本的なオプションを覚える。

[オプション]

-d : datestr datestrに指定された日付と時刻を表示する
-s : setstr 日付と時刻を設定する。形式はこんな感じに:1983/12/11 12:05:00
-u : 協定世界時を使用する
+format : 表示する形式を指定する。指定する形式は下記参照。

[形式指定]

%H : 時 (00~23)
%I : 時 (01~12)
%k : 時 ( 0~23)
%l : 時 ( 1~12)
%M : 分 (00~59)
%p : AM あるいは PM のロケール(国や地域に合わせた文字列)
%r : 12時間形式の時刻 (HH:mm:ss [AP]M)
%s : 1970-01-01 00:00:00 UTC からの秒数
%S : 秒 (00~61)
%T : 24時間形式の時刻 (HH:mm:ss)
%a : ロケールによる省略形の曜日の名前 (Sun~Sat)
%A : ロケールによる完全に表記した曜日の名前(Sunday~Saturday)
%b : ロケールによる省略形の月の名前 (Jan~Dec)
%B : ロケールによる完全に表記した月の名前(January~December)
%c : ロケールによる日付と時刻 (Sat Nov 04 12:02:33 EST 1989)
%d : 日(月内通算日数) (01~31)
%D : 日付 (MM/DD/YY)
%j : 年内通算日数 (001~366)
%m : 月 (01~12)
%w : 週のうちの曜日(0~6)で0が日曜日に対応
%x : ロケールによる日付の表現 (MM/DD/YY)
%y : 西暦の下2けた (00~99)
%Y : 年 (1970~)

[使い方 (How To Use)]

・指定した形式での表示

$ date +"%Y/%m/%d %I:%M:%S"

2008/05/04 12:22:19

・日付指定での取得とか

$ date +"%y%m%d"

080902

$ date -d "2 days ago" +"%y%m%d"

080831

 

 

 - Linux , , , , ,