LAPTURE

Someone says

オラクルのデータベース起動と停止メモ

      2014/06/02

普段やらないようなこと。
それは、データベースの起動・停止

◆オラクルの停止の手順
まず、Oracleを停止する際には、データベースと直接やり取りをしているリスナーから停止する必要がある。

$ lsnrctl

LSNRCTL for Linux: Version 9.2.0.5.0 - Production on 17-JUN-2008 11:18:31

Copyright (c) 1991, 2002, Oracle Corporation.
All rights reserved.

LSNRCTLへようこそ。詳細は"help"と入力してください。

・ステータスを確認して、接続している人がいないか見てみる。
LSNRCTL>
status

すると、リスナーの状況がズラズラと出てくる。



コマンドは正常に終了しました。
LSNRCTL>

↑接続しているものがなければ停止しても問題ない。

・リスナーの停止
LSNRCTL>
stop
(DESCRIPTION=(ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=****)(PORT=1521)))に接続中
コマンドは正常に終了しました。

↑これでリスナーは停止する。問題がある場合には、メッセージが出力される。

・リスナーから抜ける。
LSNRCTL>
quit

・Oracleの停止
sqlplusを使用してやると良い。

$ sqlplus /nolog

SQL*Plus: Release 9.2.0.5.0 - Production on 火 Jun 17 11:22:32 2008

Copyright (c) 1982, 2002, Oracle Corporation.
All rights reserved.

SQL>
connect / as sysdba
接続されました。

・停止
SQL>
shutdown

データベースがクローズされました。
データベースがアンマウントされました。
ORACLEインスタンスがシャットダウンされました。

・sqlplusから抜ける。
SQL>
quit
Oracle9i Enterprise Edition Release 9.2.0.5.0 - Production
With the Partitioning, OLAP and Oracle Data Mining options
JServer Release 9.2.0.5.0 - Productionとの接続が切断されました。

以上の手順で停止ができる。

◆Oracleの起動
起動の際には、 リスナーは自動で起動される。

$ sqlplus /nolog

SQL*Plus: Release 9.2.0.5.0 - Production on 火 Jun 17 12:48:45 2008

Copyright (c) 1982, 2002, Oracle Corporation.
All rights reserved.

SQL>
conn / as sysdba
アイドル・インスタンスに接続しました。

・起動
SQL>
startup
ORACLEインスタンスが起動しました。

Total System Global Area
152036420 bytes
Fixed Size

451652 bytes
Variable Size

100663296 bytes
Database Buffers

50331648 bytes
Redo Buffers

589824 bytes
データベースがマウントされました。
データベースがオープンされました。

・sqlplusから抜ける
SQL>
quit
Oracle9i Enterprise Edition Release 9.2.0.5.0 - Production
With the Partitioning, OLAP and Oracle Data Mining options
JServer Release 9.2.0.5.0 - Productionとの接続が切断されました。

・起動確認はリスナーから行う
$ lsnrctl

LSNRCTL for Linux: Version 9.2.0.5.0 - Production on 17-JUN-2008 12:50:44

Copyright (c) 1991, 2002, Oracle Corporation.
All rights reserved.

LSNRCTLへようこそ。詳細は"help"と入力してください。

・ステータス確認

LSNRCTL>
status
リスナーのステータスがズラズラと表示される。

コマンドは正常に終了しました。

・リスナーから抜ける
LSNRCTL>
quit

・データベースへの接続を試みて、正常に接続できるようだったら、問題なし。
・エラーが起こった場合は、そのときは...しらないw

以上がオラクル停止・起動手順

 - Linux , , ,