LAPTURE

Someone says

フィフティーンヤーズアゴゥ

      2014/06/02

(今回は少々マニアックですが許してください。)

 ↑画像の説明

 地下洞窟で繰り広げられていた最後の戦い。主人公はそれまで肌身離さず装備していた盾を地面に投げ捨て最後の一撃を敵へと・・・ヽ(`Д´)ノ

 15年程前、誕生日の日に「どうしてもほしい」って親に言って、無理をさせてまで買ってもらったファミコンのゲーム「ファイヤーエムブレム外伝」。
 壊れかけのテレビをぱこーんぱこーん叩きながら、今ではありえないよーな、アンテナプラグにゲーム機つないで、親に「1時間しかゲームやっちゃいけません!」って言われながらやってて、時間になったら問答無用でリセットボタン押されて…(泣)
 1時間しかできない悔しさをぐっとこらえ、ゲームができるその限られた時間にときめきを胸に小さな自分の思い出に刻まれていった思い出。

 いつぞやか、そんな新鮮なキモチもなくなりつつあるのだろうか、ワタシハオトナニナッテシマウノダロウk…。

 なんというか、懐かしくて、今さらファミコンって思われるやもしれないが、最近ずっとはまっていました(/ω\*)
 そして、とうとうクリアしてしまいましたょ♪

    (・∀・)ノ ワーイ!

 考えればすごい昔のゲーム。インベーダーゲームとかマリオブラザーズに比べたらぜんぜん新しいほうなんだけど、最近のクオリティの高いゲームとは比べ物にならないくらいちゃちっちぃ。現代っこからしたら、「つまんなぁーい(´Å`)」って言われそうだよね;

 この年にもなってこんなゲームしてみた感想を一言で言うと・・・ 
 「正直おもしろすぎる!」ですv

 自分にとってはすごい思い出のあるゲームだったのでその感動は人並み以上だったかもしれないけど、人物設定、8ビットグラフィックのクオリティ、すべてが、完成されていました。
 エンディング見たとき、ほんと感動したよ。涙でそうで出なかったけどw

 子供の頃の田舎での生活(小学6年前後)は主に、秘密基地で友達と探検ゴッコ。ボール当て鬼ごっこ。小説を読む。ファミコン、とまぁそんな感じ。今ではもう美化されてしまっていて、思い出すにも多くは思い出せませんが…。とにかく、懐かしき記憶をひっぱりだしてくるのもたまにはいいものです。 

 みなさまもぜひ記憶の片隅に追いやられた、子供の頃の記憶ひっぱりだしてきて、童心にかえってたのしんでみるのも趣きがあってよいかと思われます。

 結局文章ばーらばら…なに書いてるんだかw
 あぅ。明日も仕事なのにぃ。寝るか~ Σ(゜ー゜;)

 - 未分類