LAPTURE

Someone says

ブレィヴストーリィ

      2014/06/02

 ふぅ~。

 早朝の築地場内での寿司。最高の味だった(´ー`)

 朝寝て、昼に起きて、錦糸町まで今日公開の「ブレイブストーリー」を観に半ば徒歩で行ってきました。ちょうど映画館に着いたのは14:30、上映時間ぎりぎりでした。
 汗だくになりながらも、なんとか間に合ってくれてよかった(´д`)公開初日とはいえ、映画館離れが進んでいるせいか、もしくはアニメ映画はそれほど人気がないのか、はたまた錦糸町の映画館の入りが悪いだけなのか…。

 余裕で真ん中の席に座れましたよw

 日本のアニメのクオリティは普通に高いのに、ハリウッドの技術も含まれているのでもっとクオリティ高い。
 声優も、俳優なりタレントなりがやってるが、不自然さもなく違和感も感じなかったからこれも○
 
 私が特に印象深かったキャラクターは常盤貴子が声をやっている"カッツ"で、ハイランダーの隊長の女性。セクシーでかっこよくて、『告白する前にいきなりキスするな、このクソ野郎』って言葉ヤバスギ。

 ↓小説は読んでる途中なので実際すべてをわかってる上でお話できませんが映画の感想。

 結構主人公"ワタル"、転校生"ミツル"ともに暗い背景があり、それを描いてるシーンなどは、子供にあまり見せたくはないようなものがある。実際にその事実を描かないと話にならないのでこれは仕方ない。おそらく子供が見たらここでこの映画は理解不能になる。
 映画なので、細かい部分は端折ってるけど、入り込めるかと聞かれたら結構入り込める。以前見た「銀色の髪のアギト」よりか良い。

 普通に感動した。良いお話なので、涙誘います。感情移入する、これ重要。移入しすぎるとまじ泣くかも?w3回泣けるところがあります。

 しあわせ、というかワタルのような純粋なキモチ、ずーっと持っていたいものだ、と感じました。

 アニメが好きなら、というか抵抗が無いのであれば見てもよい作品だと思います。お試しあれ(・∀・)

 - 未分類