LAPTURE

Someone says

コトバ

      2014/06/02

 コトバというのは、非常に大切なものです。
 話す言葉、聞く言葉、読む言葉、書く言葉いろいろなことばがあり、武器にもなれば、優しさや愛だって与えれることのできる万能のもの。

 私の仕事(一応Web系システムエンジニア?)なのだけれども、業務的に、本当に言葉というものが大切だなーって感じた。仕事をする上で人と会話する言葉も重要なんだけれども、ネットの世界で、「稼ぐため」の言葉というものも非常に重要なものである。
 仕事柄そのような言葉でお金を得ているようなものだ。
なかなかその言葉で稼ぐことは難しいし、言葉は選ばなければいけない。

 いくらシステムを開発したからといって、そのままではいけないし、ちゃんと活用できる「稼げる」システムにすることもシステムエンジニアとしての仕事の仕方なんだろう。そう、ちゃんと運用を考えていかなければいけない。
 他業種においても同じようなことが言えよう。いろいろな側面からアプローチしていくと、行き着く先は、やはり「言葉」そのものが原点にあるのだろう。

 私の置かれている現状、システムは開発できた、一応のところ運用も軌道に乗ってきた。あと考えなければいけないものは、いかにお金を得ることのできるシステムにするか、が課題だ。(意外とネット業界って結構大変だったりする。)機械的な側面もあり、人間的な側面もある、そこがすごい難しい。

 会社がベンチャー企業なのもあって、普通の企業とは違い、結構いろんなことを模索してやってることが今になってわかってきた。上司に「どこまでやっていいのか…」と質問したところ、「こうしたいという意志があれば他の人の仕事も奪ってやったらいい」って返ってきた。今まで少々かっちりしたお堅い環境に居たせいか思い切りが足りないんだけれど、最近やっと会社にもなじめてきたので、これからもがんばっていこうと思う。

 答えなんかそこには「ない」という答えしかないんだ。
 
 失敗を恐れず、いくらでも挑戦したらいい。
 必要なのは、何度も何度もやってみて一番ベターな方法を考えること。またそのベターな方法も「答え」ではなく、ひとつのやり方に過ぎない。答えを探してるうちは、何も「ない」しか見当たらない。

 んー、そう自分に言い聞かせてみる。楽しいのだが難しい、いいストレス。最近猫背になりすぎて、首根っこが痛い。

 あ、ひとつ会社で流行ってるであろうことが。
 メールの件名のところに「【○○】~~~について」みたいな何のことかすぐわかるように括弧でくくってみる書き方して使ってたところ。(既出?)みんな似たような書き方し始めた(笑)一日に2~300件のメール飛んでくるから仕分けるの楽になったかな?w

 あーなんかわけわからんといろいろ書いてしまったが、結局のところ、この文章に本当に伝えたい「答え」なんてない!

 - 未分類