LAPTURE

Someone says

深淵より這ゐ上がりて省みる

      2014/06/02

 どーも。今年もよろしくお願いします。

 昨年末、会社の仕事納めの日から、なんか調子が悪く、次の日(帰省&ドライブ)、そのまた次の日(岐阜へスノボ)とアクティブにスケジュールをこなしたが、31日にアウト、激しく調子が悪くなってしまった。

 正月2日より40度近い発熱、咳などけだるくなる。
 初詣もお墓参りも当然キャンセル、お神酒も飲めない有様。

 3日に病院へ。
 「血液検査」と「点滴」この時点で翌日の会社へ行くのは困難になった。
 また、高熱が続いたせいで、後に病院で判るのだが、急性中耳炎も引き起こした。

 翌日熱が下がらない中、血液検査の結果を聞きに行ったところCRP値が異常に高いことを知らされる。ついでに肝臓も異常な数値。CRP値とは、血清中のCRP(C反応性たんぱく)の値で、健康な成人では血液中に0.1mg/dl以下しか存在しないが、風邪などをひいて体内で細菌が暴れたりすると、グーンと数値が上がるらしい。
 この値が高いと、細菌感染、ウィルス感染症、心筋梗塞、自己免疫疾患、肝炎、膠原病、肝硬変などの可能性があるといわれている。私のCRP値のレベルは、「マジでやばい」の一歩手前。病院の診察室にあったCRP値の表からはみ出すちょっと手前だった。心筋梗塞やガンと同レベル.....13mg超えってなんぞ・・・。

 どうやら、「重症細菌性感染症」ってやつらしく、稀に見る重症とのこと。(医師談)
 疲れがたまっていて免疫力が落ちたところにたまたま細菌が入り込み繁殖。そのせいで高熱などを引き起こしたのだと推測。ほんとに疲れてたみたい。気はまだいけると思っても体がストップかけてしまったってやつだ。体は正直なんだねぇ…。

 そんなわけで、このCRP値が下がるまで様子を見ながら、抗生物質を投薬され、上がり下がりする熱と戦っていた。先週はだいぶ良くなったものの、まだ不調ではあったものの、携帯と、実家に持って帰ったノートPCを少しいじって過ごした。
 そして人と連絡を極力取るのをやめた。仕事もプライベートも回復の足枷になるものすべて。最低限連絡取ったのは会社への休む旨を伝える電話と約束のキャンセルのみ。
 ストレスをためないようにがんばっていたけど、会社を1週間以上休むこととか、いろいろストレスを感じたことは言うまでもない。

 こんなに調子悪くなるはずじゃなかったんだけどな・・・。
 2008年絶不調での始まり。今年は結構おとなしくしておいたほうがよさそう。
 仕事は増える一方だと思うが、自分から振れる場所もなく、誰もやらないことは誰かがやらなきゃいけない精神でいくしかないのだろう。会社(仕事)→家(仕事&勉強)→休日(何もなければ仕事&勉強)というサイクルが滞りなく続くだろう。

 あんまりこんなこと書いても気が晴れるわけでもなく、ただ人にわかってほしいわけでもなく、結果自分を戒めるためなんだと思うけど、とりあえず、あけましておめでとうございます。ナショナルなくなるし、絶望先生2期がいつの間にか始まってるし、逃したもの、失った時間は多く、得たものは限りなく少ない。もはや蝕まれていくのみ。
 ただ、帰省したタイミングで発症したのは不幸中の幸いだった。

 横浜の家に戻ったけど、新聞キャンセルしてなかったからどっさりあるんだろうなと思いきや新聞屋さん気を遣ってくれててほんと多謝。
 液晶テレビ、無言でテレビ録画感謝・・・(泣)

 まぁ、そんなわけで2週間ぶりに現世に復活となります。
 今週がんばって調子をつかんでだめならまた幻界に帰るかも知れません。

 あと3日、抗生物質投薬。薬漬け・・・。
 会社に出向く明日が怖い。いろんな意味で。
 たぶんメールチェックで終わってしまうだろうけど。

 来週、調子よくなったら、いろいろ予定決めます。

 それでは。
 みなさん身体には気をつけてください。
 ほんといろんな意味で「死」を感じました。「生」と「死」は表裏一体です。

 - 未分類