LAPTURE

Someone says

アーリーサマーウィンド

      2014/06/02

 心にぽっかりと空いた穴以外、普段通りの生活に戻り何事もなかったかのような日々が形式とおりに続く。

 今日は、いつもの御徒町にある美容室へ髪を切りに行ってきた。
 このところ、慌しい日々が続いてたため、美容室へ赴くのは実に4ヶ月ぶりで、伸ばしっぱなしの髪の毛ももうずいぶんボリュームが大きくなっていた。
 さっぱりと短く、この時期ならばそう言って切ってもらうのだけれども、今日は、すこし長めで整えてもらった。お店の人はみんな綺麗。担当のお姉さんとはいつもどおりの縁側での日向ぼっこみたいな会話をして楽しんだ。

 帰りに、「いつも遠くから来てくれてありがとうございます」と扇子をいただいた。

 京浜東北線に乗って帰るとき、風景の切れ端に秋葉原が写った。
 手を伸ばせば届くくらいの近い場所で、ここもいつもと変わりない人の流れ、町並みを見せていた。最近はテレビを通して見慣れてしまった景色。どうしようもない切なさがこみ上げてきた・・・。

 浜松町駅へ着く途中のすこしだけ見える東京タワーが、静かに東京を見下ろしていた。

 - 未分類