iPhoneアプリ アプリ開発

[iPhone] delegateを自作する。

既出のものですが、備忘録として起稿します。
(文章はうまくないので伝え方が間違ってるかもしれませんが、ご了承ください。)

プロジェクト内でいろんなことをやる場合に、
どうしても用意されているdelegateだけではできないことも出てきます。

以下のように記述すれば、delegateを簡単に自作することがでます。

//  hoge.h
#import

@protocol testDelegate;

@interface hogeViewController : UIViewController
{
    id<testDelegate> delegate;
}
@property (nonatomic, retain) id<testDelegate> delegate;
@end

@protocol testDelegate
@optional
- (void)fooooo;
@end
//  hoge.m
@synthesize delegate;

// ---> delegateしている-(void)testに委譲される。

上記のようにしてやると、hogeViewControllerから他に委譲できるようになります。
委譲する場合には

[delegate fooooo];

です。

またdelegateを受ける側は、
まず、ヘッダーファイルの記述に
@interfaceの部分にtestDelegateを追加して。

メソッドファイルのほうに

hogeViewController *hoge = [[hogeViewController alloc] initWithNibName:nil bundle:nil];

みたいな記述の後に、

hoge.delegate = self;

と記述してdelegateを受けれるようにします。

 

 

-iPhoneアプリ, アプリ開発
-, , , ,

Copyright© LAPTURE , 2020 All Rights Reserved.