Linux

[Linux] tarコマンドの基本的な使い方

Linuxを使っているなら必ず目にする.tar拡張子。
これは複数ファイルをまとめ圧縮したファイルということです。

tar - 基本的な使い方

圧縮方法は、.tar, .tar.gz, *.tar.bz2などがあります。

tarを使うときの基本オプション

[オプション]

  • c : 統合ファイルを作成
  • t : 集録ファイルを表示
  • x : 統合ファイルを分解
  • z : gzip で圧縮/解除 (*.tar.gz)
  • j : bzip2 で圧縮/解除 (*.tar.bz2)
  • Z : compress で圧縮/解除 (*.tar.Z)
  • v : 進捗を表示する。
  • f : 統合ファイル名を指定
  • c,t,x : オプションはいずれかひとつを指定
  • z,j,Z : オプションは無指定(無圧縮)または、いずれかひとつを指定 ## よく使う圧縮の方法 ・圧縮 - (単一ファイルの場合)

基本的なコマンド使用例

tar + オプション + 圧縮後のファイル名 + 圧縮するファイル の順でコマンド入力

$ tar zcvf hoge.tar.gz hogehoge.txt

・圧縮 - (複数ファイルの場合)

$ tar zcvf hoge.tar.gz *.txt

・圧縮 - アーカイブに追加したファイルを削除する(無駄な容量は食わない)

$ tar --remove-files zcvf hoge.tar.gz hoge.txt

・展開

$ tar zxvf hoge.tar.gz

他に有用なオプション

-R, --record-number

メッセージとともにアーカイブ内でのレコード数を出力します。

tarの基本は抑えたが、もう少し注意しながら正確に圧縮する方法

tar: Removing leading `/' from member names

↑のようなメッセージが出た場合には

$ tar -cf /logs/hogehoge.tar /logs/hogehoge

入力ファイルがルートで位置づけられているため。なので

$ tar -Pcf /logs/hogehoge.tar /logs/hogehoge

とすればメッセージ自体は消え、うまく圧縮されます。

-Linux

Copyright© LAPTURE , 2020 All Rights Reserved.